ハリケーン

<定義、台風との比較>

ハリケーンの定義
Wikipedia – ハリケーン

参考:台風の定義(ハリケーンと台風は風速の定義が違う)
Wikipedia – 台風

JAXA – 台風・ハリケーンの強さ比較
http://www.eorc.jaxa.jp/TRMM/data/trmmxge/images/TyphoonLevel.pdf

<ハリケーンの状況、影響等を確認できるサイトのリスト>

National Hurricane Center
ハリケーンの様子:風速予測、降雨予測等
http://www.nhc.noaa.gov/

The Weather Central – Hurricane Central
ハリケーンの様子:中心の移動予測、強度予測等
https://weather.com/storms/hurricane-central/

NRL Tropical Cyclone Page
NAVYによる台風の進路予測等
https://www.nrlmry.navy.mil/TC.html

Facebook – Florida Storms
ハリケーンの状況についてのライブ映像等
https://www.facebook.com/FloridaStorms/
Facebook – Gainesville Police Department
https://www.facebook.com/GainesvillePolice/

GRU – Power Outage Map
ゲインズビル内の停電状況
https://www.gru.com/StormCentral/PowerOutageMap.aspx

Facebook – Alachua County
アラチューア群の様子、注意事項など
https://www.facebook.com/AlachuaCounty/

Facebook – Gainesville Police Department
ゲインズビルの町中の様子
https://www.facebook.com/GainesvillePolice/

Google Map 交通状況をONにして、市内および周辺高速道路の渋滞状況など
https://www.google.co.jp/maps/@29.6309728,-82.3540594,11z/data=!5m1!1e1
フロリダ州全域の渋滞の推移なども観測可

Facebook – FDOT Northeast Florida
北フロリダの道路状況(高速道路の通行止めなど)
https://www.facebook.com/MyFDOTNEFL/

Hurricane Matthewについて(2016年10月に到来した台風)

・在マイアミ日本国総領事館からの、台風に関する注意喚起(一般的な注意部分の抜粋)

以下の関連ウェブサイトを参考にハリケーン情報や現地の気象情報の収集に努め,ハリケーンによる被害が予想される場合には渡航・外出を控える,あるいは日程・移動経路又は訪問地を変更する等,災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めてください。
【上陸・接近前の備え】
(1)報道及び関係機関から最新の情報を収集する。
(2)停電に備え,懐中電灯,ライター,ろうそく,携帯ラジオ,予備の電池等を準備するとともに,1~2週間分の飲料水・食料を確保・備蓄する。
(3)避難することも想定し,旅券,現金,雨具,携行用の水,食料等を準備し,いつでも持ち出せるようにしておく。
(4)強風で飛ばされそうなものは,屋内に移す又は固定する。
(5)避難場所や避難コースを確認しておく。
(6)家族等に緊急連絡方法や避難場所の確認を行う。
(7)沿岸部に居住・滞在の場合は高潮の発生にも注意し,あらかじめ安全な内陸部への避難を検討する。

【上陸・接近以降の対応】
(8)報道及び関係機関から最新の情報を収集する。
(9)外出は控える。
(10)現地当局からの避難勧告や指示に従う。また,避難後に最寄りの日本大使館・総領事館・領事事務所へ連絡する。
(11)ハリケーン通過後も地盤のゆるみに伴う土砂崩れ等の二次災害に十分注意する。
(12)被害が発生している地域においては,略奪等の治安悪化の可能性にも十分注意する。
(13)被災地では,インフラの破壊(電気や水など),物資供給不足,各交通機関の乱れ,電話等通信網の断絶等が発生しているおそれがあるため,被災地を訪れる場合には,情報収集を行いつつ慎重に検討する。

《 参考 》
米国ナショナル・ハリケーン・センター:( http://www.nhc.noaa.gov/ )
世界気象機関:( http://severe.worldweather.wmo.int/ )
ウェザー・チャンネル:( http://www.weather.com/ )
  
3.万一災害に巻き込まれた場合は,現地の気象当局等が発表する警報等に従って安全確保に努めるとともに,最寄りの在外公館(下記連絡先)まで連絡してください。

4.海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

○在マイアミ日本国総領事館(管轄地域・フロリダ州)
住所:Brickell City Tower, 80 S.W. 8th Street, Suite 3200,Miami, Florida 33130, U.S.A.
電話: (+1-305) 530-9090
Fax: (+1-305) 530-0950
http://www.miami.us.emb-japan.go.jp/